カービング→染色→断裁→縫い合わせ→ヘリ磨き

AHMではすべてヌメ革を使用しております。
ちなみにヌメ革とは、天然植物の皮などから抽出した
タンニン剤でなめした革のことで、
その革に柄を彫り込むことをレザーカービングといいます。
初めて耳にされる方も多いと思いますので、
どんなふうに作るか写真付きでご覧下さい。

 
まず、図案を下書きしそれを濡らした革にトレースします。数の多いものはあらかじめテンプレートを製作することもあります。   下書きにそって、スーベルナイフでカットします。切り込みを深くしっかりと入れないと刻印を入れた時にキマりません。
     
 
様々な刻印を使用し彫り込んで行きます。削りかすは出ないのですか?とよくきかれるのですが、表面 をたたき出すことによって凹凸を表現します。革によってはかなり伸びることがあります。   カービングが完成したら、バックを染色しオイルを塗り込みます。乾燥させてからレザーコートを塗り再び乾燥。その後アンティークダイ(陰影染め)を入れます。表面 をきれいに拭いてやります。
     
 
裏面 の処理も怠りません。CMCを塗りガラス板や粗めの布で丁寧に磨きます。こうすることによって使用感がぐんとアップします。  
次は手縫いの作業をご覧下さい



HOME WHAT'S NEWABOUT AHMGOODSDIARYBBSLINKCONTACT

Copyright (c) Since 2001 Harmonic Works Limited All RIghts Reserved.